オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『喰霊-零-』最終12話.「祈焦 -いのりのこがれ-」

 この作品は、とにかくショッキングなスタートを切り、一話、二話の時点では次回どういう話になるのか予断を許さず、見る者を驚かせ続けていた。
シリーズを始めるに当たり、「ツカミ」は、アニメ史上でも まれなぐらい強力だったと言える。
 自分も、どういう作品構成になっているのか興味を持って見続け、一度過去に戻って一話に到るまでを語っていく形になると分かってからは、「どのようにして あの凄まじい第一話に繋げるのか」に期待をしてきた。
 が…黄泉が大ケガを負ってダークサイドに堕ち、殺生石に取り憑かれ感情のままに虐殺を始めるようになって以降、当然こうなるだろう、という道筋が見えてしまい、事実その通りに展開していった事で、物語に対する興味は低下気味。

 黄泉が、「悪役」を大変に楽しく演じているように見え、堕ちていく自分に対する抵抗の描き方も弱かった事で、彼女を可哀想だと思う気持ちは、自分には小さかった。
なので、「悲劇」としての求心力も弱く(黄泉が発する悪の魅力は強烈だったが)。
 彼女と戦う事が出来ず苦悩する神楽はじめチームの面々にも、感情移入度は薄い。

 シリーズを通してバトルには迫力があり、アクションも凝っており(刀身から飛び出す薬莢で意表を突くとか)、最後まで崩れない作画は高品質。
 正気と狂気の境目で愛憎が激突するクライマックスと、余りにもキレイに少女二人の運命が閉じていく様子には、文句を言いつつ見ていた自分でさえ、涙目。
 決して出来の悪い作品ではない。

 一話、二話を見終えた所で自分の中の勝手な期待値が限界を超えて上昇してしまい、「シリーズ冒頭を越える超弩級展開」が見られるモノと思い込んだ事が作品との齟齬で、破綻なくキレイに終わった物語にさえ不満を感じてしまった。
 余分な肩の力を抜いて、少女二人が辿る悲劇の運命を素直に注視していけば、正しく作品内容を受け取れるのだろうと思う。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『ヒャッコ』12.「一姫二太郎三虎子」「虎子故に迷う鬼心」最終13話.「四人虎を成す」 | HOME | 映画『バイオハザード ディジェネレーション』>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |