オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『まりあ†ほりっく』01.「戯れの接吻」

 原作は、単行本2巻ぐらいまで既読。
「百合」ジャンルに対するパロディー、というか「悪意」すら感じる設定やキャラクターの描き方が面白く、何があろうと挫けないヒロインの逞しさを楽しませて頂いた。

 アニメ、監督・新房昭之が意外なような納得のような。
 筋だけを抜き出してみると割合フツーな原作を面白くしているのは、原作者の個性であり、「歪んだ」(もちろん誉め言葉)世界の見方。
なので、フツーの制作者が まっとうにアニメ化してしまうと、原作の長所やら「毒」が薄れてしまい、凡庸な作品に成り下がってしまう恐れがある。
 原作者と感性を共有できるかどうかは分からないけれど、個性的である事は間違いない新房監督に手掛けてもらえれば、最悪「新たな魅力」を付加した作品には出来るだろう。

 第一話を見る限り、原作の優れた所を強調して伸ばし、不要な所は切り詰めてテンポ良く展開する事に成功しており、これなら原作ファンでも納得できる内容ではあるまいか。
 時々入る、ちょっとアートな感じの一枚絵や背景画は、浮世離れした女学園の雰囲気と、鞠也の耽美なキャラクターを強調するのに貢献している。
 図太く強烈なヒロイン・かなこの変態的リアクションが愉快で、鞠也は悪辣で美しく描けており、誰にでも容赦なく毒舌を吐きかける超越メイド・茉莉花には笑ってしまう。

 面白くなりそうだなあ。
 先行きを楽しみに、最後まで見続けたい。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『VIPER'S CREED-ヴァイパーズ・クリード-』01.「独眼-cyclops-」 | HOME | 『はじめの一歩 New Challenger』01.「新たなる一歩」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |