オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『宇宙をかける少女』02.「異界からの使者」

 とにかくもの凄い勢いで突き進むストーリー。
 物語やイベントを詰め込むためなのか、カットとカットの間が相当に略されている。
それでも話を分かりやすくするには、順当な流れの中から不要と思われる部分を抜いていく事、だろう。
 しかしこのアニメでは、描かなくても分かってもらえる箇所だけでなく、無ければ理解に支障が出てしまう出来事や過程、心の動きさえも大胆に、少々無神経に削っており、何がどうしてこうなったのか、見ていて分かり辛い。

 特にレオパルドと仲良くなったりはしていないと思うのに、何故その必要なパーツを取りに行ったのか。
嫌がる様子もなく、犯罪だと知りつつ楽しげに施設へと盗みに入るヒロインの心情は、理解が難しい。
 「ノリで考え無しの行動を取ってしまうキャラクターだ」という事かも知れないが、それなら見合いも、生徒会に問い詰められた時も(警察でもない相手に秘密を守る理由がない)、「ノリ」で応えて良いはず。
大概はマトモなリアクションを取りながら、こんな所だけ暴走する女の子です、と言われても、納得しづらい。
 レオパルドの世話を焼く謎の少女には、生徒会室で助けてもらった恩義があるようだから、その流れで?
邪魔な友達を気絶?させられた怨みも、同時にあるはずだけど。

 振り落とされそうな物語のスピード感は、確かに独自の「味」なのだと思う。
ただ…実際に振り落とす視聴者を多く出してしまっては、拙い。
 陽気なメイドナビ・イモちゃんは可愛いし、レオパルドの歪んだキャラクターも面白いのに。
 まだ「何が、どのようにして面白くなっていく作品なのか。どこに注目していれば良いのか(今回は、中心になるかと思われたレオパルドの登場シーンも酷く少ない)」の提示さえハッキリ出来ていないのは、辛い所。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『VIPER'S CREED-ヴァイパーズ・クリード-』02.「新兵-unknown-」 | HOME | 『機動戦士ガンダム00 2nd season』14.「歌が聞こえる」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |