オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『仮面ライダーディケイド』01.「ライダー大戦」

公式サイト

 冒頭、歴代ライダー達が集合し大活躍を…というかザコのようにポコポコやられてたけど…見せるシーンは、第一話だけあって やたら爆発させる頑張った撮影もあり、燃える。
 ストーリーは、突然の襲撃と世界的危機はともかく、最重要アイテムだろうベルトやカードケースをヒロインが そこいらで拾ったり、写真館の絵を見るや異世界に移動したりと、ムリヤリな印象は拭えず。
まあ、そもそも全く世界観の違う各ライダーを一つの作品に詰め込む、という企画その物が無理無理な訳で、流れるように自然な展開など最初から望むべくもないが。

 物語部分を強引に圧縮したお陰で、カブトや響鬼など、ディケイドから変身するライダーの活躍は、らしく(クロックアップが嬉しい)、割と ゆっくり見せられており、そういう意味でのツカミには成功していると思える。
そこが売りの作品なのだから、作り方に間違いはない。
 ディケイド形態での戦闘能力については未描写だけど、それは次回以降、各世界のライダーと戦うようになってからの お楽しみか。

 良い奴ではないがロクデナシでもなく、好戦的でも戦いを忌避している訳でもない主人公は、まだ薄い。
 「世界の全てを写真に写したい」基本動機は、旅を続ける作品に相応しいかな。
 『キバ』の お兄ちゃんは登場したが、さすがに『クウガ』オダギリジョーの出演は不可能だったらしく、代役(クウガが五代雄介ではない世界なのか)。
出来るだけオリジナルの役者さんが演じてくれるよう希望したいけれど、どの辺りまで出てくれるんだろう。
それも、作品への興味の内。

 ディケイドのデザインは…さすがにまだ「格好良い」とは思えないものの、写真で最初に見た時のショックは薄れ、異様な姿を上手く活かす演出が成されれば馴染んできそう。
 歴代シリーズを作品に取り込む やり方が優れていた『ウルトラマンメビウス』のような楽しさを期待しつつ(會川 昇がメイン脚本だと重くなるかも)、視聴継続。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『空を見上げる少女の瞳に映る世界』02.「逃げること」 | HOME | 『CLANNAD AFTER STORY』15.「夏の名残りに」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |