オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『フレッシュプリキュア!』01.「もぎたてフレッシュ!キュアピーチ誕生!!」

『フレッシュプリキュア!』

 プリキュアシリーズも、息が長いなあ。
といっても、各シリーズ間に厳密な繋がりはないため、緩くフォーマットを同じくする作品群、というだけで、「仮面ライダー」と同じくくり…いや、「プリキュア」は「魔女っ子物」という総称のような、「変身少女集団バトル物」を表す言葉と理解すべきか。

 「失恋したと泣いている」状態からヒロインを見せておいて、回想を挟む事で、失恋したのは応援していた友達なのに我が事のように悲しんでいた、そういう お節介・お人好しな子である、というのと、直後に気持ちを切り替えて笑顔にする事により、基本的に陽気な少女である、という二重の「意外性」を設け、印象づけるのが上手い。
 シリーズのヒロインに大体共通する、基本的な性格ではあるが、変にヒネっても意味は無く、短時間に、端的に、年少の視聴者にも基本人格を飲み込んでもらえる(友達二人による懇切丁寧な解説まで付けた)この構成は、正しいだろう。
 ヒロイン、突然変身してしまったのに、戸惑うことなく能力を十全に発揮して戦うのが不思議だけれども、これもまた「シリーズのお約束」なので、あんまり突っ込んでも仕方ない。
次回以降、多少のフォローは入るのだろうし。

 ヒロインの憧れらしいトリニティーというアイドル?は、「ダンスのプロ」という事なのかな。
踊っている間中、口がまるで動いておらず、「歌って踊れる」訳では無さそうだけど。
こんな場末の舞台で歌ってられない、という事で、CDを流して誤魔化した?
 全く無表情に踊るのは「現実に そういうものだから」なんだろうケド、特にアニメだと不機嫌そうにさえ見えてしまう。
エンディングで見せられる3DCGによるダンスの方が、キャラに表情があるぞ。

 バトルの組み立てもそこそこで、作画は安定しており、『プリキュア』の新作として悪くないスタート。
 ただ、これまでもこのシリーズは時々しか見ておらず、今作も そういう視聴態度になりそう。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『機動戦士ガンダム00 2nd season』17.「散りゆく光の中で」 | HOME | 『仮面ライダーディケイド』02.「クウガの世界」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |