fc2ブログ

『宇宙をかける少女』06.「白き黒帯」

 前回、何となく秋葉の行動動機を説明したけれど、それは囚人達を脱獄させ刑務所内?を大混乱させても…もしかすると死者が出る事まで含み…やらなければならない事なのか、どうか。
いや、スチャラカなアニメなので、「人が死ぬ」ような事態はまず起こらないのだろうが、ヒロインの覚悟として。
 筋としては、「迫る脅威から人類を守るため、今のところレオパルドに頼るしかなく、その機能を万全にしておく必要がある」という事になっているはずなのだが、わざとなのか、この辺りをスッキリさせてくれないからなあ。

 分からない事が多いけれど、それが「現在『謎』として提示してある段階なので分からなくて良い」のか「単に説明不足であり、制作者側としては視聴者も納得済みだと理解し解説の必要を感じていない」のかさえ判断できないのは、困る。
 獅子堂家の真の目的や、ヒロインの妹・姉がイキナリ妙な所にいた理由については、故意に伏せてあり今後語っていくつもりだろう…と思うが。

 OPには出ていたが、こんなキャラだったのか…やたら格闘技に通じた、無敵のASIMOが可笑しい。
 最初から「友達になりましょう」と言っていたASIMOに対し、「秋葉ならどうする?」をシミュレーションして危機を切り抜ける ほのかと、それだけの評価に値しない、粗忽な実体秋葉のギャップが上手い。
 今回は、ここがドカンと面白かった事で、内容への不満が余り残らない。
一話に一つ、このぐらい楽しませてくれるネタを仕込んでくれるなら、他の事には文句言わないんだけど。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

飛龍 乱

Author:飛龍 乱
HPはこちら。
ですが、現在HPは更新できなくなっています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク