fc2ブログ

『とらドラ!』19.「聖夜祭」

 大河と亜美による聖夜のデュエットが心地良く、あとは実乃梨の来場を待つだけ、という仲直りエピソードになるのかと思えば、話は思わぬ…伏線は引いてあり心の動きも積み重ねてあったので「思わぬ」では決してないけれど、「今、大きく動かすのか!」ではあった…方向へと転がり出す。
 大河、実乃梨らは、自身の心を定かに把握できていない状態だと思うが、見ているコチラも、余りに多くの、しかも切ない気持ちが近づき、擦れ違っていくので、上手く感想を取りまとめる事が出来ない。

 着ぐるみサンタの登場に、初めてサンタを見た子供の時のような笑顔と はしゃぎぶりを見せる大河。
 しかし、もう子供でいられない彼女は、その着ぐるみが「彼女が待ち望んでいたサンタを演じてくれる世界でただ一人の存在、竜児である」と認め、彼が好きな実乃梨の元へ送り出さなければならない。
 「いい子」であり「大人」の態度を見せる大河だが、その演技は涙と共に心の内側から脆くも崩れ落ちる。
 葛藤の末、泣いて竜児の名を叫びながら、自分の心のまま裸足でマンション外へと駆け出す大河(感情の爆発を伝える迫力の作画が素晴らしい)。
それは、実乃梨が押し殺して必死で外面に出すまいとしている姿ではなかったか。

 あの時、マンションの外で竜児が待っており、飛び出した大河と顔を合わせていたら、この作品は終わっていたんだろうな。
 いや、「何やってんのよバカ犬!グズグズしてないで早く行きなさいよ!」と大河は取り繕うか…そこまでの意地が、あの時、まだ残っていたなら。

 女性陣の中では、一番大人だろう亜美。
 でもそれは、「心底大人だから大人」なのではなく「大人である事を自分に課しているから大人」であるように見えて、何だかひどく可哀想。
心の押し隠し方は、実乃梨より厳しいのでは。
 この作品では、誰もが一部ウソをついて、意地を張っている。
 まるきり素直で居られてるのは、竜児だけ…?
その素直さ、真っ直ぐさ故に、彼は作中でみんなに好かれる存在となっているのかな。

 よりにもよってクリスマスの夜に、「一生独身で居る」事を見据えてだろう、マンション購入会に参加する ゆり。
「意地を張りすぎるとこうなる」未来の見本だろうか。
 酔って、男が欲しいと絶叫したり、世の野郎共に見る目が無いとグチグチくだ巻いてるより、ずっと颯爽としていて、格好良くさえあると思うけど。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

飛龍 乱

Author:飛龍 乱
HPはこちら。
ですが、現在HPは更新できなくなっています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク