オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『CLANNAD AFTER STORY』20.「汐風の戯れ」

 保育園の先生として、杏が再登場。
やっぱり、そういう事だったか。
 今期、どのぐらいストーリーに関わるのか、と思っていた風子も、無遠慮にズカズカと踏み込む形で存在感を主張。
 風子、ほとんど汐と変わらない(もっと幼い?)思考形態を見せたかと思えば、「懐柔」なんていう難しい言葉を使ってみたり(何度も繰り返す所からは憶えたてかも)、亡き妻の面影を自分に重ねて朋也が好意を抱いている、といった大人っぽい概念を理解したりと、実年齢相応な部分も。

 杏が出て来ても変えられなかった空気が、風子により一気に入れ替わる。
 前回、可愛いばかりでマイナス点が無い汐の描き方を、間違ってないと書いたけど、さすがにずっと続けられると「結局は主人公を囲むヒロインズの変形した一人なのか」とかヒネた事を考えかけたが、「迷惑な」風子が引っかき回す事で、楽に見られるようになった。
 風子は、この作品の根幹を成すキャラクターなんだなあ。

 街を一人歩く汐に、「ああ、攫われる攫われる」とか「変質者にエラい事される最悪殺される」とか考えてしまうのは、自分が汚れた人間だからか。
いや、汐を見かけ、風子でさえ心配していた事からすると、この世界においても幼女の一人歩きは危ないんだよね。
 朋也の留守中は必ず古河家に預け、仕事帰りに回収する、といったシステムにでもしないと。

 渚の命と深い関わりがある空き地に建てられた病院、そこに何か自分との結びつきを感じる汐。
 大きなドラマは ほぼ終わったような気がしていたけど、この辺りと、高熱を出す汐で、クライマックスが構成されるのかな。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<Xbox360を購入 | HOME | 『ウルトラギャラクシー 大怪獣バトル NEVER ENDING ODYSSEY』08.「潜入者を撃て!」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |