オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『仮面ライダーディケイド』

 『ブレイド』の世界で、オリジナルで不満だった「企業所属のライダー」要素が描かれた。
 戦うのに上層部の決済印が必要だ、という「ファイナルフュージョン承認」『ガオガイガー』っぽい描き方は面白かったけど、昇進と降格を極端に行うのは、子供っぽいような(一応子供向け作品か)。
 次回で、どこまでこの設定を消化できるか…だけど、やっぱり「あと何話かあればなあ」になりそうな予感。
二話ばかりで使い捨てるのは勿体ない。
スポンサーサイト

特撮 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『ミチコとハッチン』最終22話.「ありのままで走れ」 | HOME | 『CLANNAD AFTER STORY』22.「小さな手のひら」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |