オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『鉄のラインバレル』最終24話.「鋼鉄の華」

 悪の組織の意外な存在理由、真の敵と繰り広げる総力戦、ヒロインの死、熱い心に応え野放図なまでに力を解放する主役ロボット、大逆転勝利と奇跡の復活……終盤は、ロボット物を盛り上げる要素を これでもかと詰め込み、渾身のクライマックスを見せてくれた。
 頑張った内容だと思うし、それなりに楽しく見られ、ドコが酷く悪いという事も無いのだけれど、少々の乗りきれない部分を感じつつ。

 シリーズとして。
 開幕当初、「狂」を感じさせた主人公が面白かった。
改心して以降、普通と言うよりも優等生的な性格になってしまい、パワー不足に思えたのが残念。
まあ、扱いづらい性格のままで進めるのは難しかろうけど。
 他のキャラでは、石神社長が印象強い。
ショッキングな死を見せておいて、いつの間にか「生きていた頃と変わらない」存在感を主張し始める図々しさが、愉快。
せっかくデジタルな方向に変化させたのだから、決戦で「敵艦やロボットに『コンピューターウィルス』として社長コピーを送り込み、アホな条件を満たさないと操縦を受け付けなくさせるなどして、戦いを妨害する」とか すれば好みだったかな。
シリアスな雰囲気は台無しになるだろうが。

 キャラもドラマも設定も、まだ完全燃焼はしていないように思える。
それは、原作が継続中だという事と関係あるのかな。
 いずれ機会があれば、通して原作を読んでみたい。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<最近地上波放送で観た映画 | HOME | 『ケータイ捜査官7』最終45話.「明日未来」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |