fc2ブログ

『宇宙をかける少女』12.「虚ろなる巨像」

 久々にハイテンション・レバーが登場。
第一話以来?で、何だか懐かしい気分に。
 これ、強引だけども、だからこそ何度も、形を変えつつ繰り返し使う事で、面白味を引き出せそうなモノだったかと。
『宇宙をかける少女』と言えば、「ハイテンション・レバー」を思い出す、ぐらい印象的に使えたろうと思うと、何だか勿体ない扱い(これから連続使用するかも知れないが)。

 この作品は…個性の強い獅子堂姉妹それぞれの関わりと、「秋葉に初めての彼氏が出来た」ぐらいの小さな事件を扱うだけで、1シリーズもちそう。
レオパルドと秋葉のドタバタ恋愛(?)モノでも、ICP内部の謀略や腐敗に挑む いつきを描いても、「箱」に人間を規定しようという勢力とのバトルに絞っても、番外編でやっていた野球物で押し通してさえ、不足のないシリーズに出来そう。
 本来、どこを切り取っても面白くなるはずの作品が、互いの魅力を主張するために時間を奪い合って、相殺効果を上げているようにすら見えてしまうのが、残念。
 詰め込んだ内容を、「贅沢な作りで楽しい」と取るか、「何を面白くしたいのか、もっとギュッと絞り込んでくれ」と感じるかで、評価は大きく違うだろう。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

飛龍 乱

Author:飛龍 乱
HPはこちら。
ですが、現在HPは更新できなくなっています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク