オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『こんにちは アン ~Before Green Gables』01.「赤毛のアン」

『こんにちは アン ~Before Green Gables』

 モンゴメリの原作『赤毛のアン』は既読。
 高畑監督によるアニメーション・シリーズも、何度か見ている。
丁度MXテレビで再放送が始まったから、また見直そうかと。
 原作小説もアニメも無印『アン』が好きなので、別人による原作小説から、別スタッフにより作られた新作は、どんなものかと危惧していた。
 ダメな場合は勿論、そう悪くないぐらいでも、「高畑監督版を見直した方が遙かに得る物がある」とか何とか言って、視聴は終えさせて貰おうかと。

 しかし、意外、面白かった。
 アンが引き取られている気詰まりな家庭の様子…特にロクデナシの父ちゃんはともかく、起きてしまった嫌な事件について、アンの想像癖と有無を言わせぬマシンガン・トークで危機を脱出する下りが、爽快。
 「上手いウソをついて誤魔化した」という描き方だったら、迷わず視聴を切っていただろうな。
アンは決して嘘つきではない、大事な所がきちんと押さえられているようで、好印象。

 作画と、背景美術の美しさが目を引く。
 この水準を保てるストーリーなら、最後まで見続けられそう。
毎回こんなカタルシスは演出できまいし、『赤毛のアン』本編に繋げるためには、アンの「大親友」を出したり凄く幸せな状況に到らせるのは無理なんだけど、その厳しい制約の中で、長いシリーズを どこまで面白く出来るのか…まだ不安はありつつ。
 アンがマシュウと出会う直前ぐらいをシリーズのラストカットにしてくれたら、泣きそうだなあ。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『戦場のヴァルキュリア』01.「戦火の出会い」 | HOME | 『咲 -Saki-』01.「出会い」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |