オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『アスラクライン』01.「機巧魔神」

『アスラクライン』

 原作未読。
 病院のベッドで機械に繋がれて横たわる男の子、心の声「どこだ、ここ」、事故のイメージ、「そうか、乗ってた飛行機が…ぼく死ぬのかな?」、病院廊下を歩き去る人影、「平気、怖がらないで」と病室の宙に浮かぶ霊体?の女の子、「三年後」のテロップ、引っ越しをしている男の子…
僅かなアバンで、これだけギュウギュウのイメージを見せられても…
 勿論、これから飛行機事故の詳細とか女の子の事情については説明があるのだろうが、ここで、こんな風に「理解してもらう事」を期待しない見せ方から始めて、視聴者の関心を掴む効果があるかどうかは疑問。
 事故の発生、あるいは不思議な少女の登場、どちらかに絞り しっかり見せるか、いっそナシにした方が良かったような。
 多くの視聴者は別にこんなところ気にせず見過ごすんだろうけど、制作者まで「気にしない」のは困る。

 内容は、まだ説明がないので色々分からないが、ライトノベルのパターンで、だいたい見当を付けて見られる。
 しかし、霊体少女を何となく出しっぱなしにしたまま、謎のトランクを謎の女が持って現れ、その夜 謎の侵入者少女の奇襲を受ける主人公…と、先を急ぎすぎているキライがあり、一つ一つは軽い扱い。
ライトノベルらしい、とは言えるか。
 ロクに説明もなくトランクを押し付けていった女が、科学部部室で会った際には入部したらトランクの事を教えると言い、襲撃の最中には開けろと言う。
…これは、一時に終わらせた方が良くないかなあ。
トランクを持ち込んだ折、主人公に試みさせるが開かない、「やっぱりね」などと独りごちつつ、私の部に入ったら それについて詳しく教えて上げる、と言って去る、ぐらいで。
女の対応を分散する事により、その気持ち(狙い)が分かり辛くなってしまった。

 魔法・超能力バトル物になるのかと思っていれば、意外にロボット物?
 どういう物語になっていくのか、興味はありつつ、第一話の出来からして「数多いライトノベルのアニメ化作品」の中で、まずまず平均点を獲得、ぐらいに留まりそうな予感も。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『タユタマ -kiss on my deity-』01.「太転依(たゆたい)」 | HOME | 『戦場のヴァルキュリア』01.「戦火の出会い」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |