オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『タユタマ -kiss on my deity-』01.「太転依(たゆたい)」

『タユタマ -kiss on my deity-』

 原作ゲーム未プレイ。
 冒頭の様子から、時代劇なのかと思えば、封印が行われた様子をざっと伝えただけで、舞台は現代なのね。
 いくらか真面目な退魔バトル物になるのかと思いつつ見ていたが、これもハズレ(?)、主人公に異様に懐く幼女の登場で、一気に雰囲気はライトな方向へ。

 色々と疑問やら戸惑いが発生しそうな事態が起きているのに、「膝に幼女を乗せて、名前を付けて上げ、『お嫁さんになりたい』とか主人公が言われキスされる」という、まあ お約束のイベントにより全て吹き飛んでしまう。
いや、実際は飛んでないんだけど、この「嬉しい」シチュエイションの前に、「細かい事なんかどーでもイイや」と感じられる人だけを、視聴対象に想定して作られているアニメなのだろう。
 普段は幼女、戦う時だけ少女に変身する、という設定にすれば、各種需要にキャラ一人で応えられて お得な気がする……もう幼くはならないのかな。

 演出・作画とも、悪くないが、まずまず普通という所。
 見続けても負担にはならない作品かと思いつつ、強く視聴意欲を喚起してくれる何事も、第一話では起こらず。
もう少し先まで見ての判断で。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『蒼天航路』01.「少年 曹操」 | HOME | 『アスラクライン』01.「機巧魔神」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |