オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『東のエデン』01.「王子様を拾ったよ」

『東のエデン』

 『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』『精霊の守り人』の神山 健治監督が、原作と脚本も手掛ける、新作。
 キャラクター原案は『ハチミツとクローバー』原作者の羽海野チカ。
 今期、最注目作か、と期待を込めての視聴。

 最初は、ちょっと分かり辛い。
 ホワイトハウスを世界の中心と考え、その中に何やら投げ込む女の子。
 全裸に拳銃を振り上げて登場する、記憶を無くした男。
 結果的に助けられる形となった、とはいえ、そんな男にコート等を無分別にも上げてしまい、そのポケットにパスポートやサイフが入っていたと後になって騒ぎ出す女の子…

 何だコリャ何がしたいんだ、特にコートの件について、登場人物を「アホ」に描く事が滅多に(意図しない限り)無い監督の作品にしては、若い娘だからといっても迂闊すぎるなあ、と思いつつ見ていれば、通りすがりのオジサンからズボンを貰う男、というシーンからすると、「他者の分別を一時的に奪い、過剰な好意を寄せられる『才能』を持っている」って事なのかな。
 ホワイトハウスに向ける女の子の気持ちは、第一話中で語られ、男の事情はまだ多く謎に包まれているにしても、反応や決断の早さから相当な頭の良さと、彼を陥れた「計画」の周到さ・厄介さを伺わせる。
 疑問から、その解消へとスムーズに繋げ、興味を繋ぎ止めていく作り方は、さすが。

 作画は、羽海野チカのラインを色濃く残しており、特に崩れた女の子の顔が可愛い。
描き込まれた背景美術の美しさも、ポイント。
 しばらくは、ライトな『ボーン・アイデンティティー』といった雰囲気で物語を進めていくのか、と油断していれば、ラストで愕然とさせられる。
この作品の企画が立った頃には予想も計算もできなかったと思うが、某国の発射強行とタイミングが合っており、不思議な気分。
 日本を揺るがす大事件と、二人は、どう関係していくのだろう。
 先は全然読めず、興味津々で、視聴継続。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『クイーンズブレイド』01.「気炎~流浪の戦士」 | HOME | 『リストランテ・パラディーゾ』01.「ニコレッタ」02.「指輪」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |