オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『真マジンガー衝撃!Z編』02.「始動!マジンガー!」

 拍子抜けするぐらい真っ当な作り。
 兜十蔵が、エラく親しみやすい変人ジジイになっているけれど、永井豪作品には こういう「凄い奴だが時折アホ」な人格を持ったキャラクターは多く、らしいとも言える。
警護レーザーの実験で鳥を焼いてみたり、「こんなこともあろうかと」自分だけ脱出して警察官の命を全く意に介さなかったりと、見えてくるマッドな本性が楽しい。
 甲児に祖父への「偏愛」を植え付けたのは、上手い。
ボスとの対立を始め、DR.ヘルと戦い始める動機付けとして、不自然なく使えそう。
 フツーに、これを第一話として放送してくれれば良かったのに。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ううう | HOME | 『スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ』01.「待ち伏せ」02.「マレボランス襲来」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |