オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

映画『少林少女』

 地上波で放送された映画『少林少女』を見る。
 監督は『踊る大捜査線』の本広 克行、主演・柴咲コウ。
 余り宜しくない評判を聞いていたので、どんなものかと思いつつ見たが…
なるほど、コレは宜しくない。

 客の予想(期待)を裏切りたい、と考えて作ったストーリーなのだろうか。
 タイトルから『少林サッカー』を連想するため、少林の達人であるヒロインが始めるラクロスで『少林ラクロス』と言えるスーパーパワーの試合が展開される事を期待してしまうが、それは物語終了後、オマケのように見せられる程度。
 後半は、邪悪な敵と連戦して打ち破っていく普通の「拳法物」になっていくんだけど、前半で時間を掛けて描かれるラクロスチームとの友情や、少林的チーム強化とは関係なく、ヒロイン一人で(拳法使いの助っ人は居る)進む。
これも、ボス敵との超絶バトルで とにかく圧倒的に盛り上げてくれるならまだ見られたろうが、唐突に「愛」とかいったポカーンとする事を語り始め、頭が疑問符でいっぱいになるばかりの決着では、盛り上がれるはずもなく。

 『少林サッカー』と『カンフーハッスル』を合わせたモノから、注意深く面白い部分を取り除いたような内容。
この二作品を作り上げたチャウ・シンチーが、『少林少女』エグゼクティブプロデューサーらしいけれども、それでどうしてこうなるんだか。
 柴咲コウは「少女」と思えないし、もっと極端にCGを入れでもしない限り「少林」の達人と認識できるはずがなく。
まあ、昔は良くあった「無理のある設定のアイドル映画」だと思えば、構わないのかな。

 香港映画のダメな部分を凝縮したような、グダグダで笑えないギャグも、凄い。
 本広監督は、『踊る…』は勿論、同じくグズグズなギャグが連続しても、後半で伏線を活かしたエンターテイメントになっていく『サマータイムマシン・ブルース』なんか、好きだったんだけど。
 制作費も宣伝費も それなりに掛けた映画だろうに…

 新人が編集者に必ず言われる事、「この作品で一番何を言いたい(ドコを楽しんで欲しい)のか」について、絞り込みがまるで出来ていない、というか「故意に散漫にした」ような映画。
 基本フォーマットを壊し、なお面白く見せるには、徹底した練り上げが絶対必要。
「こうやってみたらどうだろう」程度の思いつきで撮っちゃ、ダメ。
スポンサーサイト

映画 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『涼宮ハルヒの憂鬱』05.「涼宮ハルヒの憂鬱 V」 | HOME | 『スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ』05.「ルーキーたち」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |