オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『仮面ライダーディケイド』15.「超モモタロス、参上!!」

 劇場版への橋渡しをする都合があるためか、この『電王』世界は、キャストから作品世界まで、ほぼテレビシリーズと同様。
色々にヒネってくる『ディケイド』歴代ライダー・ワールドの一つとしては、逆に異色。
 前・後編として見て…
これも珍しく、凝った筋が無い。
事件その物も、取りあえず一段落は付くものの、「劇場版に続く」形になってしまうし。

 では、つまらなかったのかというと…
これが凄く楽しかったから不思議。
 モモタロスらイマジンズの個性豊かな掛け合い漫才だけで、いくらでも愉快に見られてしまう。
凝った筋立てのために彼らの輝きが鈍ってしまうような事があったなら、その方が大きく不満を残しただろう。
 やっぱり「キャラクターこそ命」なんだなあ。

 強大な敵と戦わせずとも、デンライナーに ちょっとした事件…「デンライナー食堂に時間保健所が衛生検査に来る」とか「キンタロスの初恋」などという…を放り込むだけで、シチュエーション・コメディーとして何本でも話が作れるのでは。
 良太郎は大きな存在だったし、役者さんの演技やイメージも含めて『電王』世界を確立するには欠かせなかったけれど、どうしても今後 出演が難しいなら、今回のように他の役者さんがイマジンズの依代を務めても、演技力と声優さんの吹き替えとツボを押さえたシナリオさえあれば、違和感なくシリーズを継続できるんじゃなかろうか。
 第二期テレビシリーズもアリだと、個人的には。

 『シンケンジャー』に続き、小林靖子シナリオ・アワーだった。
巧いなあ、この人は。
スポンサーサイト

特撮 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『GUIN SAGA - グイン・サーガ』05.「宿命の出会い」 | HOME | 『侍戦隊シンケンジャー』12.「史上初超侍合体」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |