オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

映画『パーフェクト・ストレンジャー』

 衛星で放送された映画『パーフェクト・ストレンジャー』を見る。
 ハル・ベリー主演。ブルース・ウィリス共演。
 幼馴染みの死の真相を探る女記者が、犯人の疑いがある男の会社へと潜入する。

 ううう~ん、「あなたは絶対ダマされる」といった日本のコピーが悪いのか、早いウチにネタは割れてしまう。
「観客が愕然とする意外なストーリー」を狙う作品として「よくある内容」。
別段マニアでなくとも、いくらかフィクションに触れている観客であれば、またこのパターンか、と思ってしまうだろう。
 仕掛けがバレたって、物語そのものが面白ければ見られるけど、これはそこまでの出来ではなく、見終えて振り返ると「ここは切って良い、無駄なシーンでは?」と思える部分さえアチコチに。

 能力はあるけど厄介な、ヒロインの相棒・マイルズだけ、好きかな。
 ハル・ベリーにもブルース・ウィリスにも、役者自身の魅力以上のモノは感じられない。
さして斬新でも衝撃的でもないラストのため、主演二人のキャラクターまで犠牲にするのは、正しいと思えず。
スポンサーサイト

映画 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『亡念のザムド』04.「此の世に響く耳鳴りの数々」 | HOME | 『戦場のヴァルキュリア』05.「クローデン奇襲戦」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |