オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『宇宙をかける少女』19.「閉じた迷宮」

 箱人間の設定が、久しぶりにクローズアップされた。
 集合体の中の個人になっているためか、再会した秋葉の呼びかけにも全く応えず、彼女を「危険な侵入者」扱いしてしまうハコ。
 その箱へと、秋葉が閉じ込められる事で、ようやく「箱とは何なのか」「入れられた人間はどのような状態になるのか」が描かれる事になるのだろう。
彼女が外に出てくる方法により、他大勢の人間達を助け出す事も出来そう。

 このアニメは、登場キャラクターが多いし、世界設定も大量に作ってあるのだと思う。
そのためか、テーマに向けて全体を絞り切れていない印象があり、キャラクターの個性や雰囲気を楽しむには良くとも、物語性は弱く感じられる。
 箱人間エピソードは、作品を貫く核となるのだろうか。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『バスカッシュ!』07.「ウイズイン・アウト・オブ」 | HOME | 『シャングリ・ラ』06.「虚構戦線」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |