オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ』08.「型破りなジェダイ」

 ジェダイが一人も登場せず、パドメとC-3PO、ジャー・ジャー・ビンクスで見せるアクション編。
 このテレビシリーズは、キャラクターを非常に有効に、有能に描いているため、うっかりと「実はジャー・ジャー・ビンクスも ただのアホではない」としてしまうんじゃないかと心配(?)したが、突き抜けた使えない奴ぶりが嫌ほど健在で、安心(?)。
さすがに、最終的には同じ水棲生物としての縁なのか巨大モンスターが手を貸してくれて、どうにか格好が付いたけど。

 パドメの船をスクラップにしてしまうジャー・ジャーの馬鹿さには、ちょっと笑ってしまう。
 しかし、「徹底して物語の足を引っ張るキャラクター」で居させ続けるのも、大変じゃなかろうか。
作品世界の創造主であるルーカスが そう設定している限り、勝手に、賢く、有益な存在に変える訳にもいかないのだろうが。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<マスク | HOME | 映画『パニッシャー』>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |