オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『真マジンガー衝撃!Z編』11.「挟撃!機械獣大作戦!」

 監督の悪いクセで、ロボットよりも人間の方に興味が移ってしまい、マジンガーを放って置いて超人バトルを始めるんじゃないか、いずれ機械獣に対し弓教授含む「光子力研究所十人衆」が生身でぶつかって粉砕していく展開になるんじゃないかと恐れていたが、今回はそういう不安を吹き飛ばす、マジンガー大活躍のカタルシス話。

 アレンジを加えつつも、かなり原作に忠実だったと思う。
 特に、兜甲児が涙を浮かべながら叫ぶ、「お爺ちゃん、マジンガーZは無敵だ、本当に、本当に無敵なんだね!」が鳥肌モノの演出に乗り、活きた言葉になっているのが嬉しい。
グランドファーザー・コンプレックス気味である今作 甲児の設定が、ここで意味を持ってくる。
 バトルに継ぐバトル、機転と無敵の機体を用いて、次々迫り来る機械獣軍団に勝利していくマジンガーの勇姿に、陶然。
これがロボットアニメだ!

 ガミアQの無表情ぶりと、浮き世離れしたリアクションは、昔見た時も強烈で魅力的ではあったけれど、今となると立派な「萌え」対象に成り得るなあ。
シローと警部に遊ばれてしまう下りなど、実に良い。
 第一話で見る限り、この後 壊れた体を修理してもらい、警部の相棒となって活躍するのかな。
 上手く扱えば、人気を取れそうなキャラ。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ』12.「グンガンの将軍」 | HOME | 『タイムスクープハンター』>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |