オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『涼宮ハルヒの憂鬱』12.「エンドレスエイト」

 夏休みの終盤を、ハルヒ・プロデュースにより充実しすぎるぐらいの日程で過ごす、楽しい日常話。
 つい何かしらの事件を予想・期待してしまうが、特に それらしい事は無く。
サブタイトルに「エンドレス」と入っているので、『ビューティフル・ドリーマー』のように同じ日程を繰り返し、いつまでも新学期が始まらない、といった不思議でもあるのかと。
 しかしまあ、ハルヒは取りあえず夏の終わりに満足しているようだし、既知の日々を繰り返すより、未知の新学期を待ちたい気分ではあろうか。

 こうして見ると、ワガママではあるものの、ハルヒも普通の女の子だなあ。
たこ焼きをキョンにだけ差し出し、一個食べても良い、と言う所なんて、可愛らしいと表現してもイイぐらい(その代わり、彼はチョイチョイ出費を強いられているようだが)。
 彼女の強引さに引き摺られ、強制的にではあるが「楽しく過ごさせられた」事に、キョンは感謝すべきかと。
本来なら、特に何もすることなく、かといって宿題もせず、漫然と夏休み最後を迎えたのだろうから……少なくとも自分の夏休みはそうして終わる事が多かった。

 夏の思い出としてまだ欠けているモノがあるとすれば、「彼氏・彼女と二人だけで過ごす時間」かな。
 ハルヒは、そういう方面がまるでコドモだから、なかなか自主的には思い付かないのか。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『戦国BASARA』最終12話.「安土城天守 明日を懸けた死闘 !!」 | HOME | 『けいおん!』最終12話.「軽音!」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |