オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『宇宙をかける少女』最終26話.「あしもとに宇宙(そら)」

 沢山の設定を作り、登場キャラクターも人間やら機械やら どっさりと用意し、どんなドラマも語れるし、どんなテーマでも具体化できる舞台は整えてあったのだと思う。
 しかし、それが結局は仇になってしまったのか、ドラマもテーマも語りきれず、設定すらきちんと消化できないまま、終局。

 秋葉とレオパルドの関係、獅子堂一家の個性、ダークサイドに堕ちていくナミの心情、「意志を持ち自由に行動するコロニー」という独特の設定とバトル、ネルヴァルの内面…ここを彫り込めば面白くなったのではないか、と感じられる箇所は数限りなく、観た人それぞれに全然違うかも、と思われるぐらいある。
個人的には、「箱人間」の扱いを酷く中途半端に終えてしまったのが、残念。
 作画は良好だったし、女の子達は誰も可愛く、もう少し魅力を強く演出して上げられれば「人気キャラ」を大勢生み出せる可能性があったろう、と思うと、また残念。

 切り取り方によっては、これ一作から、何本ものTVシリーズが作れそう。
それは「よくも頑張って こんな複雑な素地を作り上げたもんだ」という賞賛でもあるけど、「詰め込みすぎ」のヒトコトで編集者から切って捨てられるアリガチな失敗を意味してもいる。
 何を描きたいのか、シリーズを通しての目的が絞り込めていない、しかし「頭カラッポの お馬鹿アニメだよー」という所まで開き直る事も出来ていない、とにかく残念な作品。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『大正野球娘。』01.「男子がすなるという、あれ」 | HOME | 映画『ターミネーター4』>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |