オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『NEEDLESS』01.「アダム・ブレイド」

『NEEDLESS』

 原作は少し読んだ程度。
 今井神先生作品は、画力の高さとテンポの良さ、ちょっとヒネさせた感性が魅力で、『かたつむりちゃん』の可愛気持ち悪さなんか面白かったなあ。

 アニメ。
 うーん、まあ妥当な作りの「世紀末救世主伝説」。
世界観やキャラクターの行動動機について、第一話では細かく説明されないが、既存の作品パターンから十分推測可能。
 よく言えば分かりやすい、悪く言うとアリガチな内容。

 動かしやすいのかも知れないけど、視聴者の視点となる少年に絡むのが、乱暴者の少女ばかり、というのは どうだろ。
少年の傷ついた心を慰めるイイ場面も持って行ってしまう事で、彼女のキャラは確かに強くなったが、代わりに神父・アダムの方は「敵を片付ける役割の人」ぐらいにしか受け取れず、印象が薄い。
 「一度見た敵のワザを自分のモノに出来る」「変身能力」…戦いに使う特殊なパワー設定は さして目新しいものでなく、それを特別な物に押し上げなければならない演出も、ごく普通レベル。
第一話なのだし、ドカンと来るハッタリが欲しかった。

 作画に冴えない部分があり、残念。
 エロ方向に突き抜けたエンディングには驚く。
この辺が作品の売りになっていくなら、余計 作画は頑張って欲しい所。
 出来の悪い内容ではないが、同様の作品を多数見てきたジジイとしては、低めの視聴継続意欲。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『化物語』01.「ひたぎクラブ 其ノ壹」 | HOME | 『青い花』01.「花物語」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |