オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

金田 伊功、逝去

 絶句して、しばらく動けなくなるぐらいの衝撃。

 日本アニメ界を主に作画面で引っ張っていった旗手であり、天才であり、憧れの人だった。
 高校・大学時代…高いレベルの基礎を持ち、卓越した感性と計算能力があって初めて為し得る超絶の芸なのだ、という事も分からないまま、あの特徴的な作画を闇雲に真似しようとしていたのを、昨日のように思い出す。
いや今でも、「パワー溢れる絵」と言われてまず連想するのは氏の画面で、メカや爆発を描こうとすると、まだその影響下から抜け出せない。

 『ザンボット3』『ダイターン3』『劇場版・銀河鉄道999』『幻魔大戦』『ナウシカ』、数々の作品OP…
楽しませて頂いた、魅了された作品は、数え上げればキリがない。
 現実を ただ写したものではない、圧倒される迫力のパース、動きの気持ち良さ、天才としか言い様のない仕事ぶり。
日本のアニメを どの国の物とも違えさせ、遙かな高みへと押し上げた、巨人の一人。
 もう新しいお仕事を目にする事は出来ないのだと思うと、たまらなく悲しい。

 ありがとうございました!

 心より、ご冥福をお祈り致します。
スポンサーサイト

日記・雑談 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『青い花』04.「青春は美わし」 | HOME | 『プリンセスラバー!』03.「剣と舞踏会」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |