オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『狼と香辛料II』03.「狼と埋まらない溝」

 ホロに対し、余りにも真っ直ぐな気持ちをブチ上げるアマーティ。
 しかし、ロレンスとホロの関係がそう簡単に揺らぐはずはなく…
と思えば、思わぬ所から入る亀裂。

 動揺と孤独感に突き動かされ、子供を作ろうともちかけるホロ。
妄想やら同人誌展開的には大変嬉しい言葉だけれど、こんな状態に付け込むようなマネをするのは、ロレンスのプライドが許さず、ホロへの想いも そこまで安っぽくなかった、という事かな。
 ショックを受けても、ホロはロレンスを拒んで逃げ出したりしなかった訳で、子作りはともかく、いくらか気が利いた言葉や態度によって割合簡単に関係は修復できそうに思う。
別にウソをつく必要はなく、ホロが求めているモノはロレンスの内に元からあるだろうに。
 悪いヤツじゃないけど、男として・商人としても、まだまだ だなあ。
 いや、自分が彼の立場に置かれてベストの対応を取れるか、そもそも「そういう対応を求められる関係」をホロとの間に構築できるか、といえば、はなはだ疑問ではあるが。

 二人の絆が強固なものであるのは確かでも、意外にまだ「恋」という段階に達していなかったのだろうか。
 この大きなイベントを経て、ようやく一歩を踏み出す事になるのかな。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『化物語』04.「まよいマイマイ 其ノ貮」 | HOME | 『涼宮ハルヒの憂鬱』17.「エンドレスエイト」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |