オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

映画『最後の恋のはじめ方』

 衛星で放送された映画『最後の恋のはじめ方』を見る。
 ウィル・スミス主演の、恋愛コメディー。
 恋愛下手な男達に雇われ、上手く行くよう指導する仕事をしている主人公。ある日、彼は一人の女性と知り合い…

 恋愛の切っ掛けを作る、コンサルタントの作戦がベタで楽しい。
本当にもう、「コンサルタントがヤクザに扮装して因縁を付け、彼女が困っている所に、依頼人が颯爽と登場して助ける」ぐらいベタベタ。
 こんなんで上手く行くのかなあ、とは思うけど、恋ってそういうモノだと言われれば、そうかも。

 こういう設定ならすぐ考えそうな、「コンサルタントが依頼人と同じ女性を好きになってしまい、苦悩」とか「『仕事』として、イヤな男の手助けもしてしまい、後でトラブルに」といったイベントさえ入らず、非常にスッキリした内容。
 恋愛の全てを見通す百戦錬磨のコンサルタント、だが実際は…という設定…それであんなに上手く行くものか?
結構 手間暇が掛かる仕事に思えるけど、代金は いくら取ってるんだろ?
疑問が色々。

 そういうヤヤコシイ部分に触れず、先が読めるストーリーになる事も恐れずに、恋愛の一番楽しい所だけを取り上げる事で、軽快なテンポの映画に仕上がり、最後まで気持ち良く見終えられる。
 劇中で語られるアドバイスについて、「そうかなあ?」もあるけれど、「なるほど」も割合多くあり、実恋愛の参考になるかはともかく、話の種にはなりそう。
 男前のウィル・スミスは当然ながら、依頼人として出てくるデブのオジサンまで、ストーリー進行と共に段々キュートに見えてくる、悩みのない、ハッピーな映画。
スポンサーサイト

アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『涼宮ハルヒの憂鬱』18.「エンドレスエイト」 | HOME | 『宙のまにまに』04.「夜明けまで」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |