オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

詐欺電話

 先日、非通知で電話が。
 取ってみると、女性の声で、「○○ですけど、ウチの電話に そちらからの着信記録が残ってました。だからかけ直してるんですけど、何の用でしょう?」と。
 勿論○○という名前に心当たりはなく、間違い電話をした記憶はヨメも含め皆無(最近、電話そのものを滅多にかけない)。
かけ間違いじゃないですか?というと、
「リダイアル機能でかけ直してるんだから、間違うはずがないでしょ。家族の誰かがやったんじゃない?そちらのお名前は?」

 実はこの電話より前に、破邪くんと雑談中、全くこの通りの電話が彼の家に掛かってきた話を聞いたばかり。
余りにもマニュアル通りの会話の進め方なので、すぐに判別がつく。
 どうも、絨毯爆撃的にかけている電話らしい。
特に何か売りつけようという意図ではなく、目的は、こちらの名前など個人情報だろうか。
 詐欺の一種である事は分かってますよ~と伝えると、
「ハア?意味が分かんないんですけど?何言ってんのアンタ?」
という答えだったので、これ以上 会話をしても時間の無駄だと判断して電話を切る。

 電話番号と、名前、家族構成情報を(「奥さんが間違ってかけたんじゃないの?」「いえ、妻は居ません」といった会話を通し)入手、名簿にして売る商売か。
 一件当たり幾らになるのか知らないが、まあ迷惑な話。

 こちらが電話を切った後、間髪を入れずかけ直してきた。
 面倒なので取らなかったが、そうすると、留守電に替わった途端に切り、またかけなおす、という行程を七回も繰り返し、ウルサくて仕方ない。
 完璧な名簿を作るより、数打ちゃ当たる、で、出来る限り多くの家庭への電話をこなした方が効率的だと思うのに、どういう考えなんだか。
 実に、迷惑。

 仮に相手が詐欺師でなく、フツーの人だったとしても。
 知らない人からの着信記録でまず考えるべきは、ワン切り業者(まだあるのかな?)への警戒であり、かけ直してきたこちらから「覚えがない」という返答を聞き出したなら、それ以上食い下がる意味など無いはず。
しばらく様子を見て、更に着信が続くようなら、悪意があってやっている行為なのだろうから、警察に届ければ良い。
 それを、七回もリダイアルしてくる女性……詐欺師でなくとも、あんまりお話ししたい対象じゃないなあ。
スポンサーサイト

日記・雑談 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『戦場のヴァルキュリア』20.「愛しき人」 | HOME | 『涼宮ハルヒの憂鬱』20.「涼宮ハルヒの溜息 I」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |