オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

映画『侍戦隊シンケンジャー銀幕版 天下分け目の戦』『劇場版仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー』

 少し前、映画『侍戦隊シンケンジャー銀幕版 天下分け目の戦』『劇場版仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー』を見る。

 『シンケンジャー』
 映画で、特に戦隊の方は時間が足りないと思う事、多いけど、今回はそれが極端。
冒頭から怒濤のナレーションで物語を始める、タイトすぎる内容。
 その中で、取りあえずストーリーを見せ、ギャグを挟み、アクションとロボットバトルを詰め込む、頑張った内容だと思いつつ、とにかくダイジェストのような構成に物足りなさを感じてしまう。
 惜しい。
あと十分二十分長いディレクターズ・カット版が見たい。

 『ディケイド』
 予告から感じられた期待に応える内容。
イベント・ムービーとしては、かなり良い点が付けられると思う。
 ただ、「一本の映画」とすると、相当に厳しい。

 物語に唐突さが目立ち、「どうしてそうなるの?」「この人は何故こんなことをしているの?」といった疑問がグルグルと渦を巻き、没入度を下げる。
 士の行動が妙なモノであるのは いつもの事だけど、魅力を削いだ上 ロクにフォローも無くては、さすがに困る。
 GACKTはチョイ役で、すぐ存在自体忘れられてしまう。
マスクぐらい被って欲しかったなあ。
 歴代ライダー達がほぼ「出ていただけ」であり、扱いが薄いのは、時間的制約からも仕方ないと思いつつ、不満。
 新シリーズへの橋渡しなのだろうシーン……うーん、要らなかったような。
 『ウルトラマン』の同様コンセプト作品と比べても、映画としては弱い。

 しかし……
 炎を突き抜けて敵への急降下攻撃を行うアマゾンの撮り方は、素晴らしい。
 絶対の危機に、バイクの爆音を響かせて駆けつける歴代ライダーの勇姿。
いやもう、ここだけで入場料分の元は取れるぐらいの格好良さ。
 ライダーそれぞれに(僅かだけど)見せ場があるのが、嬉しい。
 巨大化バトルも、こんなキワモノライダーまで出すんだ…と驚き呆れつつ、理屈をねじ伏せる迫力があって、楽しい。
 背中で語るヒーロー達の去り際も、イカス。
 「ライダー・ファンが見たかったシーンを多々含む映画」としては、良い出来だと言える。

 写真屋爺ちゃんと死神博士の顛末を見ても、「独立して見られる映画」に仕上げたい意図は、スタッフの中にそう強くなかったのでは無かろうか。
 昭和ライダー世代のお父さんと、平成ライダーで育っている子供達が、垣根無く一緒に見られる映画。
見終わって、お互いの知らないライダーについて話が出来るため、コミュニケーションの素材としても優れているかと。
 不満は多いけれど、好き。
 昭和か平成、どちらかに より題材を絞り込み、それぞれのライダーに もうちょっとスポットを当てる新作の制作を、期待したい。
…ああ、昭和方向では、一応『仮面ライダー THE FIRST』『NEXT』があるのか。
スポンサーサイト

映画 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『狼と香辛料II』06.「狼と戯れの日々」 | HOME | 『GA 芸術科アートデザインクラス』06.「美術部屋敷」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |