オタクのゴタク/飛龍 乱ブログ

『侍戦隊シンケンジャー』27.「入替人生(いれかえじんせい)」

 魂が入れ替わってしまう事故や、そういう能力を持つ怪人が登場するエピソードは、フィクションの世界で割合とよく見るものだけど、人間と「無機物」を入れ替えてしまうパターンは珍しい。
 それも、扇風機はまだしも(?)、招き猫や小便小僧など、可動部分が無いため(小便小僧はまあ…でも日曜朝方では難しいか)一切意思表示のしようが無いアイテムを対象としてしまうとは。
 人間の体の方は、入れ替えられた無機物をイメージするポーズのまま動かない、という事で、いつも難しい顔をしている殿様・丈瑠に間抜けな招き猫ポーズを取らせ、顔にイタズラ描きさせる悪ノリが、楽しい。

 魂を入れられた無機物が破壊されると中の人間も死ぬ、として、「抵抗も出来ず殺される恐怖」と、更には「事情に気付かなかったとはいえ人が人を殺してしまう罪悪」まで背負わせようとする周到さが悪辣で、面白い。
 「敵怪人さえ倒せば全ては元通り」という戦隊基本ルールを用い、とにかく力業で倒してしまうのかと思えば……敵能力を用いて逆転するアイディアと、ヒーローの自己犠牲精神のみでなく「相手をボールに突っ込んで蹴り飛ばすなどヒドい目に遭わせる」事で追い込むネタの乗せ方が、愉快。
 渋々と戻す方法を教えた敵(刺し違えてもシンケンジャーを葬る、といった自己犠牲精神とは縁がない)に対し、「ありがとう」と言う律儀な ことはに、笑ってしまう。

 元に戻った事で、入れ替えられていた仲間達が巨大メカ戦に駆けつけるのかと思えば、そのまま二人だけでフィニッシュ(映画と重なった撮影スケジュールの都合、とか?)。
 ちょっとキツい、とは言っていたけど、全員が乗ってなくてもメカの能力は引き出せるのか。
スポンサーサイト

特撮 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『狼と香辛料II』08.「狼と蠱惑的な旅人」 | HOME | 続「ウチに電話かけてきたでしょ?」電話>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |